介護・福祉オンライン

現役介護職員・綾瀬が介護問題全般を綴るブログ

【介護支援専門員】受験資格解説 ヘルパー2級等の実務期間が算定できるのは2017年まで!

スポンサーリンク

介護福祉士等で仕事をしていると、いずれは考えるであろう「介護支援専門員」の受験。

私も今年受験します。

2017年の試験に合格しないと、受験資格を失うんですよ… 

と言いますのも、2018年から試験制度改正で、受験資格の条件が厳しくなるのです。

 

2017年までの受験資格

 

介護職員の場合

 

大まかに言うと

・国家資格(介護福祉士)等で介護業務の実績が5年以上

・介護職員初任者研修や実務者研修、訪問介護員養成研修1級・2級課程修了等しており、介護業務の実績が5年以上

・無資格で介護業務の実績が10年以上

 

これらを満たしていると、ケアマネ試験を受験できました。

 

ですが、2018年から、国家資格を所持してから介護業務の実績が5年以上必要になるのです。

つまり、無資格やヘルパー2級等の実務経験の期間が算定できなくなるのです!

 

すでに申し込みを締め切っている都道府県もありますが、まだ申し込み可能な都道府県にお住いの方がいらっしゃいましたら、受験資格があるかどうか、2018年には受験資格があるかどうかを今一度ご確認ください。

 

 

私のように、2018年以降受験資格を失う方もいらっしゃると思います。

数年後に受験できるとはいえ、やはりケアマネの資格は持っているに越したことはありません。

 

今年なら受験できる方!

ギリギリですが申し込みましょう!

そして合格できるよう頑張りませんか!