介護・福祉オンライン

現役介護職員・綾瀬が介護問題全般を綴るブログ

私が介護士を続けられるたった1つの理由

ここのところ、介護士についてのネガティブな記事が多めになっています(苦笑)

嫌なら他業種に転職したらと思いますよね。

それに、ネガティブなイメージが付きまとう介護職をなぜ続けるのか?

今回は私が介護士を続けるたった1つの理由をお話しします。

私が介護士を続ける理由は、私自身が変人だから

これに尽きます。

私自身が、かなり変わり者なのです。

変わり者の社会不適合者なのです。

 

介護士は、変わった人が非常に多いです。

例えば、初対面なのに挨拶すら返さない。

普通、初めて会う人には、社交辞令で挨拶くらいしますよね。

それが、介護士には初対面でこちらから挨拶をするのに、無視する人がいます。

 

他には、仕事1日目に職場で寝込むとか。

確かに初めてですから疲れるとは思うのです。

でも、そこは体調管理をしっかりして望むべきではないかなと。

 

逆に新人職員がいきなり上司にタメ口で話すとか。

さすがに常識無しにも程があるだろうと思うレベルで酷い介護士がかなりいるのです。

 

だから、変わり者の私でも居れるのです。

変わり者の私から見て、変な人が多いのです。

 

介護職同士の人間関係は、仕事上必要な場面に出ると非常に面倒臭いですが、「ここでちゃんとした人間関係を構築する必要も無い」と割り切れる面もあるのです。

ただ、業務を覚えるまでは、先輩や上司に自分で仕事について聞きに行かなければならないのでそこはしんどいです。

話しかけにくい先輩や上司が多いので、聞きに行くのは精神的に非常にしんどいですね。

でも分からない事を聞かないと仕事にならないので、我慢して聞きに行ってます。

 

仕事に慣れて、分からない事を聞く必要が無くなれば、かなり楽になりますね。

本来はチームプレーが必要なはずなのに、必要無いんですから。

自分が入る前の、職場の人間関係がそもそも出来ていないのです。

だから、私自身もちゃんと人間関係を構築する必要性が無いのです。

ここまでめちゃくちゃな職業はあまり無いですよね。

 

精神的にしんどいことに変わりはないので、早めに辞めたいと思っています。

そして、介護士辞めた後の生活について色々発信していきたいと考えています。

 

介護職辞めたい方にとって、こんな方向もあるんだよという見本といいますか。

自分はブログをベースにしたいし、例えば他業種に転職して上手くいった方に寄稿を募りたいとも思っています。

ブログで生活出来るレベルの収益にまだ達していないので、今はまだ辛抱しています。

 

私も変わり者ですし、勤める方も変人ばかりで余計な人間関係を構築する必要がないことが、私が介護士を続ける理由です。