介護・福祉オンライン

現役介護職員・綾瀬が介護問題全般を綴るブログ

介護士の給料は待っているだけでは上がらない!別のアクションも起こしてみよう

http://2.bp.blogspot.com/-Aff_CQR-GMw/USNoQemeOyI/AAAAAAAANTg/1jBWBspS1mM/s500/money_2000.png

介護士の給料は

声を挙げて政治が動くのを「待つ」

年1回の昇給を「待つ」

だけでは絶対満足いくお給料にはなりません。

以前の記事では転職をオススメしましたが、他にも方法がありますので紹介します。

それは、ネット上での副業です。

 

ネットで副業する

正社員として働いている場合、職場の就業規定に副業についても明記されています。

介護施設は「副業禁止」となっているところが多いです。

理由は、人手不足なのに、他の仕事に精を出して本業に支障をきたされては困るからですね。

じゃあ、もっと給料上げなよと思いますが、それは今の日本の制度に期待しても無駄に終わってしまいます。

じゃあ、大きな声では言えませんが、こっそり副業しちゃえ!って思うのです。

もちろん自己責任でお願いしますね。

 

介護施設に正社員として就業している場合、他施設や会社、コンビニ、飲食店等でのパート・アルバイトは厳禁です。

これは、年末調整が関係するからです。

施設に勤めていると、年末調整を施設側でやってくれますね。

ですが、この年末調整は1箇所でしかできません。

もし、他施設等でのパート・アルバイトをした場面、そちらから発行される源泉徴収表も正社員として勤める施設に提出しなければならなくなってしまいます。

そうすれば、副業していることがバレてしまうのです。

 

副業はネット上で!

じゃあ、それらを回避する副業って何?と思いますよね。

それが、ネット上での副業です。

当ブログ管理者の綾瀬も、正社員として介護士をしながら、この介護ブログ以外にもブログを複数運営しています。

そちらから広告収入等を得ています。

だって、給料少ないんだもん!

いくら転職で年収上がったとはいえ、まだまだ少ないんだもん!

副業禁止なんて守ってたら死んでしまいますw

 

ネットでの副業は、だいたい雑所得扱いで、さらに1月から12月までの副業収入が20万を越えると確定申告が必要となります。 

ここで、副業収入からの住民税納付を「自分で納付」にすることで、勤めている会所にバレないようにします。

 

ただ、これが100%自分で納付になるかと言うと、そうでは無いらしいのです。

何かの手違いで、給与から差し引きになることもあるとか。

そうなると、本来の勤め先の収入以上の住民税納付額となり、勤め先に副業がバレてしまうのです。

副業禁止でバレたら最悪退職になりますからね・・・。

あくまで自己責任で副業はお願いします。

そして、上記はあまりにも簡潔かつ雑に書いています。

詳細は自分で調べてね!

 

と、ここまでつらつら書きましたが、自己責任の元で副業もありだと思っています。

声をあげただけでは介護士の環境が激変するとは思えません。

だったら、自分で行動を起こすのも、一つの手になると思うのです。