介護・福祉オンライン

現役介護職員・綾瀬が介護問題全般を綴るブログ

【介護士】感染症にかかったら?取るべき行動と罹患時に必要な考え方

10月に入りましたね。

今年も残り3ヶ月です。

1年過ぎるのが年々早くなっている気がします(苦笑)

 

さて、これからの冬場に流行するもの。感染症。

インフルエンザやノロウィルスがよく聞きますね。

これらは罹ると大変ですよね。

罹った自分も辛いし、もし勤務中に熱が出てそれがインフルエンザだったら、勤務中に嘔吐・下痢したら、周りにも迷惑をかけてしまう恐れがあるのです。

今回は、介護士が感染症に罹らないための日々の行動、仕事先に迷惑をかけないための考え方や、体調不良時に取るべき行動をお伝えします。

 

介護士が感染症にかからない為に取りたい日々の行動

手洗い

https://4.bp.blogspot.com/-rd1NxQc_Ehs/VyNdupceMTI/AAAAAAAA6PM/_KgxnLljshY-MffzwcgPetFCrqmHeAYowCLcB/s400/tearai_girl.png

まずは手洗いですね。

仕事中は、一介助いち手洗いと言われるくらい、手洗いは大切になります。

自分が感染症を貰わない為に、また自分が感染源にならないようにも必要です。

仕事から家に帰ったら、まず手洗いすることも大事です。

手洗いが日々の習慣になるよう、何もない日から行うことを心がけましょう。

 

マスクの着用

https://4.bp.blogspot.com/-ziIoV1o6Uog/V_4bo04Dd-I/AAAAAAAA-uo/l5bOy4OyjaAJQh6H76FwmhT7WgUTKGGSwCLcB/s400/mask_hida_man.png

咳やくしゃみが出るなら、つけておいたほうがいいでしょう。

風邪など他の人に移さない為につけて欲しいと思います。

また、感染症流行時は、公共交通機関利用時や外出時に着用することで予防にもなります。

 

食事や適度な運動も普段から取り入れる

https://3.bp.blogspot.com/-6xlmgmkp8Nw/Vq89C1lw3EI/AAAAAAAA3k4/ouvm013IDoI/s400/junbiundou_shinkyaku.png

あとは食事と、普段から適度な運動をして体力をつけておきましょう。

睡眠を十分にとるなど、できるだけ健康的に過ごせるといいですね!

 

感染症にかかったら?

http://3.bp.blogspot.com/-cuiMB52_nDw/UdEegRDnF8I/AAAAAAAAVxM/JfD1Uds2-50/s400/sick_netsu.png

仕事は即休みましょう!

ちょっとでも体調がおかしいと思ったら、まず休んで下さい。

風邪かと思って出勤して、のちにインフルエンザだったと分かったとか、下痢と吐き気があるのに出勤してノロウィルスだったなど、はっきり言って論外です。

特に介護施設を利用する高齢者は、免疫力が下がっていて、感染症にかかりやすい方も多いです。

職員も休んで、施設でも流行したとなると本当に大変です(経験済み)

ちょっとでも体調がおかしかった休みましょう。

 

介護士は早めにインフルエンザ予防接種を受けておきましょう

https://3.bp.blogspot.com/-tF40T-m-Huw/V9PE9_bSa3I/AAAAAAAA9ks/MIExpUIKlt42cJuZWGw9cuSR6lTKqeumQCLcB/s400/medical_chuusyaki_cap.png

受けておけば軽く済むことも考えられるからですね。

インフルエンザに罹患すれば自分も辛いです。

他の職員だけでは回せない、ギリギリの人数しかいない施設も多いですので、できる限りインフルエンザにかからないよう過ごしたいですね。

施設によっては、施設負担で受けられることもありますので、入職して初めての冬を迎える方はぜひ確認してみて下さい。

 

感染症にかからないことが第一だけど、かかったらすぐに休むことが大事

日々の過ごし方でかからずに済むとも思います。

ですが、絶対にかからない・貰わないとは断言できません。

少しでも体調がおかしかったら、まずは休みましょう。

人がいないからと無理して出勤して、それがインフルエンザやノロウィルスだったら、他の職員・ご利用者様も感染してしまうかもしれません。

そうすれば、日常業務ができない、出勤可能な職員が休みなしで対応しなくてはならず、それこそ迷惑になってしまうのです。

周りへ迷惑をかけない為に休むことも大事だと、頭の片隅に置いてくれれば嬉しいです。