介護・福祉オンライン

現役介護職員・綾瀬が介護問題全般を綴るブログ

【介護士】職場に不満があるなら転職していいのが介護職のいいところでもあるんだよ?

http://3.bp.blogspot.com/-0Ck3oPdcpUk/U9zBzXdAlRI/AAAAAAAAjoI/ccWkw4iPETY/s400/kaigo_dukare.png

介護士って心身ともに疲れる仕事ですよね。

特別養護老人ホーム(特養)や介護老人保健施設(老健)は特に体力的にキツいですし、認知症グループホームは精神的にキツいですし。

施設系は特に人間関係が面倒なことが多いように感じます。

 

そんな心身ともに大変な思いをする介護職は、ずっと売り手市場の業界です。

だからこそ、一つの施設に無理にしがみつく必要はないのです。

 

職場に不満があるなら転職を検討するのもアリなのが介護職

介護職は今も売り手市場です。

だからこそ、一つの職場で我慢し続ける必要はありません。

安易に転職を勧めるつもりもありませんが、体力的にキツければ、体力的には比較的楽な認知症グループホームを就職先に選べばいいと思います。

お給料に不満があるなら、もっといいところを探せばいいと思うのです。

買い手市場の施設の方が少ないですから。

 

介護福祉士があれば転職は容易

正直なところ、介護職を続けるなら介護福祉士は持っていた方がいいと思います。

資格手当がつくところもありますし、介護福祉士を持っていると転職もかなり楽に出来ます。

 

転職回数が多いと必ずしも転職が容易とは言えない

20代から30代で転職回数が10回以上となると、介護福祉士を持っていても転職が容易とは言えないでしょう。

施設も新たな職員を雇うにあたり、結構な金額をかけています。

あまりにも転職回数が多いと「また直ぐに辞めてしまうのではないか」と考えるからですね。

ただ、条件を下げたり少なくすれば雇ってくれるところもあると思います。

 

以下条件に当てはまるなら転職は留まった方がいいかも…

母体が社会福祉法人の特養等で、勤続年数が5年前後で、役職等についてなく年収が400万(総支給)

この条件で働けているなら、人間関係が多少面倒でも我慢した方がいいかもしれません。

社会福祉法人ならある程度福利厚生も整っていると思いますし、勤続5年肩書きなしで年収400万は金額条件は非常に良いです。

こんな施設あるの???と疑問に思われる方もいるかもしれませんね。

夢のような条件に見える方もいらっしゃるでしょう。

実際に少数ですが、あります。

 

どうしても人間関係が辛いなら無理する必要はありませんが、転職した場合、年収は300万台前半まで下がることは覚悟しましょう。

役職経験やリーダーの経験が無いと、転職したところでは一からのスタートになります。

そうなると、年収の大幅ダウンは避けられません。

 

今後も介護士を続けるなら転職を考えることも必要

あまりにもお給料が安かったり、いじめやハラスメントが多い・酷くて精神を病む、体力的にキツい等、厳しい環境下で無理して我慢しなくていいと思うのです。

自分を壊してまで無理せずに、次を見据えることも時には必要なのです。