介護・福祉オンライン

現役介護職員・綾瀬が介護問題全般を綴るブログ

【介護士の夜勤】2交代・3交代の意味やスケジュール メリット・デメリットを徹底解説

介護施設の夜勤には、2交代勤務ときの3交代勤務があります。

 

日本医療労働組合連合会の発表によりますと

「2013年介護施設夜勤実態調査」結果を発表した。それによると、介護施設における夜勤形態は92.8%が「2交替勤務」である

2交代勤務の施設が全体の90%を超えていますので、ほぼ2交代勤務になります。

ですが、わずかながら3交代勤務の施設もあります。

今回は、それぞれのスケジュールやメリット・デメリットをまとめました。

 

2交代勤務と3交代勤務の解説

http://1.bp.blogspot.com/-xkFdFkjkt6E/VpjBqm4-vEI/AAAAAAAA26M/69G2fAaMFy0/s600/bg_outside_jutaku_yoru.jpg

それぞれのスケジュールを細かく見ていきましょう。

2交代勤務

2交代勤務の施設では、早番・日勤・遅番・夜勤があります(早番日勤遅番は昼間の勤務として1カウント)

・早番・・・7:00〜16:00

・日勤・・・9:00〜18:00

・遅番・・・11:00〜20:00

・夜勤・・・16:30〜翌9:30

時間はこの通りとは限りませんが、だいたいこの前後になると思います。

2交代夜勤は拘束時間が17時間(施設によって16時間〜18時間)、つまり2日働く形になります。

 

3交代勤務

3交代勤務は夜勤が準夜勤と深夜勤に分かれます。

・早番・・・6:30〜15:30

・日勤・・・9:00〜18:00

・遅番・・・10:00〜19:00

・準夜勤(遅番2)・・・14:00〜23:00

・深夜勤・・・22:00〜7:00

拘束時間が9時間実働8時間となります。

 

2交代勤務のメリット

http://3.bp.blogspot.com/-mDSn1TucNgM/VJ6XOBpzkDI/AAAAAAAAqHY/xypWydjes68/s300/time_man4_yoru.png

夜勤明けの翌日が公休になる

2交代勤務は2日間働いた形となります。

つまり、夜勤明けの日はその日1日働いたこととみなします。

その為、夜勤明けの翌日は休みがセットになっている事が多いです。

 

夜勤明けの日を有効活用できる

夜勤明けの退勤時間は9時から10時の間が多いです。

つまり、昼間遊ぼうと思えば遊べるのです。

翌日は休みがセットになっているので、考え方によっては実質2連休になります。

うまく活用して、泊まりがけで遊びに行く方もいらっしゃいます。

 

2交代夜勤のデメリット

http://3.bp.blogspot.com/-AtR9JsjOzGw/UchCEu3G3cI/AAAAAAAAVJ0/uDhqCfTbz2Q/s400/nebusoku.png

拘束時間が長い

2交代夜勤は拘束時間が16時間〜18時間と非常に長いです。

休憩時間はありますが施設内での待機になるので正直休まりません。

夜は勤務者も少なく精神的負担も大きい中で長時間過ごさなければならないのは、非常にストレスになるのです。

 

生活リズムが崩れやすい

夕方に出勤し、夜は仕事なので一晩ほぼ起きて過ごす形になります。

翌朝帰った後、仮眠を取るとそのまま夜中まで眠れなくなってしまうことも。

眠る時間が遅くなると、翌日の休みも昼まで寝てしまったり。

なんとなくダルいまま休みを過ごすことも少なくありません。

また、日勤と夜勤を交互に行うので、リズムが狂いやすくなってしまいます。

平気な方は全く問題なく出来てしまいますが、慣れない方はいくら夜勤をやっても慣れることはありません。

夜勤に入ってから体調を崩しやすくなった方は無理しない方が賢明です。

 

ここまで2交代夜勤についてお伝えしました。

次に3交代夜勤のメリット・デメリットを解説していきますね。

 

3交代夜勤のメリット

http://2.bp.blogspot.com/-0Hk4jxSgkbk/VOsW-LTlBeI/AAAAAAAArzM/RiwJp1kqF2U/s400/fukurou_yoru.png

拘束時間が短い

3交代夜勤は、準夜勤と深夜勤にわかれ、それぞれ9時間拘束実働8時間となります。

夜間の拘束時間が短いのは精神的には楽になります。

 

3交代夜勤のデメリット

明けの日が公休になる

3交代夜勤の場合、深夜勤が終わった日がそのまま公休になります。

つまり、丸一日休みにならず公休となります。

月の中で丸一日休みになる日が少なくなります。

 

夜勤手当が少ない

深夜勤の拘束時間が短い分、夜勤手当も2交代のところより低めになります。

 

 

2交代3交代どちらがいいかは人それぞれ

2交代夜勤は明けの翌日が公休になるので、丸一日休めていいという方もいれば、

3交代夜勤で拘束時間が短い方がラクという方もいます。

どちらにしても、体調を崩さずに無理なくできるといいですね。